INÍCIO > 綜合 > 子どもより猫が大事?猫をのせたベビーカーのせいでベビーカーを畳むしかなかった母子
子どもより猫が大事?猫をのせたベビーカーのせいでベビーカーを畳むしかなかった母子
By 张静文-
12

猫のせいでベビーカーを載せなかった母親 ベビーカーに1歳になる赤ちゃんをのせてバスに乗ろうとした母親が、猫をのせたベビーカーのせいでバスを降りたと抗議し、ネットユーザーの間で議論を呼んでいる。 現地時刻の今月11日

イギリスのメディアなどが、赤ちゃんがいる26歳の母親が今月6日に経験した出来事について報道した。

この母親は1歳になる子どもをベビーカーにのせてバスに乗ろうとしたが、バスの運転手に乗車を断られた。

バスにはベビーカーを2台しか乗せられないのだが、すべてに2台のベビーカーが乗っていたのだ。

バスの運転手はこの母親にベビーカーを畳んで乗るか、次のバスに乗車するよう伝えた。

結局、ベビーカーを畳んで子どもを膝にのせる

どうすれば良いか分からない母親はその時、バスのベビーカーに人ではなく猫がのっているのを見つけた。

母親はこの猫の飼い主にベビーカーを畳んでくれるようお願いしたが、猫の飼い主はこの願いを受け入れなかった。

猫の飼い主と母親の言い合いが長引くと、他の乗客たちは不満をあらわにしたため、この母親は仕方なく子どもを抱き、ベビーカーを畳んでバスに乗車した。

この母親は家に帰ったあとSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)にバスでの出来事を公開し周りの人の意見を求めた。

母親は「子どもよりも猫が優先されるのは間違っている」と主張した。

この母親は「猫を入れるキャリアバッグを利用したり、膝の上に乗せるなど交通機関を利用する方法はほかにもある」と話した。

この母親の意見にネットユーザーから賛否両論が集まった。

 

ある人は「猫をベビーカーに乗せた人は年を取っていたか、体が不自由で猫をキャリアバッグなどで運べない人かもしれない」と話した。

そして「ベビーカーを畳んで子どもを膝の上に乗せるのがそんなに大変なことなのか?」と母親を非難した。

また別の人は「公共の交通機関は人が優先だ。私なら猫のせいで自分の娘を立たせることなんてできない」と母親の意見に同調した。

公共の交通機関である以上、互いが譲り合いながら利用したいものだ。



MOST RECENT