自然の中で生き残る方法!危険な状態に陥った時を救ってくれる13の生きるテクニング!

张静文|2019-05-14

皆さん自然の中で遊びに行く時どんな状況でも発生できると思います。もちろん厳しい危ない時もあります。その時は何か利用して自分の生命を救ってくれるかな。文末の画像によって学びたいことが覚えて行きましょう。

自然の中で生き残る方法。危険な状態に陥った時、普段使っている道具は役に立ちませんよね?そんな時、自分や周りの人を守るために、キャンプファイヤーの作り方、動物の足跡の見分け方、シェルターの作り方、脱臼した方の治し方を知っておくと便利です。どんな状況に置かれてもサバイバルできるよう、簡単なスキルを覚えておきましょう。

概要:
―焚き火を起こすためには、火口として両手いっぱいの小枝を用意する。焚き付けは親指くらいの太さで、ひじから手首ほどの長さの枝を使う。蒔は、手首くらいの太さの枝を三つほど探して、腕の長さと同じ長さにする。

―スウェーデン・ファイヤー・ログは長くて5時間も燃え続けるので調理に最適。ティピー・ファイヤーは、すぐに準備ができて暖かく、灯りにもなる。スター・ファイヤーは調理をするのに適していて、炎が長持ちする。

―ダコタファイアーホールは数世紀にわたって人々の命を救ってきた、地下に隠れたかまど。薪をあまり必要としないのに、火力は強く、どんな天候からも守られている。
―ハンマーを作るためには、大きすぎず小さすぎない枝を木から取って持ち手として使う。枝の上部を半分に割ったら、その間に平らで頑丈な石を置く。最後に、ロープなどで石の上側と下側を巻いて、木に石を固定する。
―湖や川の近くに行って、小さな若木を見つける。ふたつのくさびがたの木片を使って、しかけを作る。ふたつの木片がかみ合うように、それぞれの木片の先端を掘ったら、そのうちひとつを若木のそばに埋め込む。次に、若木を倒して上側の木片にくくる。

―二つの枝を探し、一つは土に埋める。次に、もう一つの枝を持って、のこぎりで切るように埋めた方の枝にこすりつけます。2、3分経つと、ミミズが地面から出てくるので、餌の確保完了!
―少し湿った、長くてしっかりとした枝を見つける。先端を4分割し、ナイフか岩で鋭く削ります。ロープなどを使って固定したら完成。
―まず、魚を洗ってウロコを取り除く。その後肛門にナイフの先端を入れ、下顎まで切れ目を入れていく。
―リスやシマリスのような齧歯類は、前足に4本、後ろ足に5本指がある。イヌ科(犬、コヨーテ、きつね、オオカミ)の動物は猫と同様に4本指があり、かぎづめを引っ込めないので、かぎづめの跡がある。
―石、木の枝、小枝、草、雑草、煙のサインなどは危険な状態から抜け出すシグナル。
―大きな枝と二つのYの形をした小さな枝を使って骨組みを作る。体がちゃんと中に入る大きさかどうかを確かめて!土の上に乾いた葉っぱ、枝、草などを15cmから25cmほど重ねることで、暖たかくできる。
―傷を縫う最も簡単な方法が、単純連続縫合。まず初めに、糸の端を結んで傷口を縫い始める。糸が長すぎてもまだ切らない。傷口の左右を交互に縫って、傷口を少しずつ閉じていく。
―他の人を助ける場合、その人を仰向けに寝かせて、靴を脱いで自分の足を脇の下にあてる。手首を掴んだら、音がするまで体に沿って引っ張る。



気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる

top