【感動】「再び歩ける可能性はゼロに近い」獣医にそう診断されても諦めなかった猫がついに奇跡を起こす アメリカのワシントンD.Cで暮らすハンナさんは、ある日1匹の子猫と出会いました。 その子猫は後ろ足が麻痺しており、自分の力で歩くことができません。 このままでは命の危険を感じたハンナさんは、この子猫を保護するに決めました。
熱門文章

【感動】「再び歩ける可能性はゼロに近い」獣医にそう診断されても諦めなかった猫がついに奇跡を起こす

アメリカのワシントンD.Cで暮らすハンナさんは、ある日1匹の子猫と出会いました。 その子猫は後ろ足が麻痺しており、自分の力で歩くことができません。 このままでは命の危険を感じたハンナさんは、この子猫を保護するに決めました。

元々ハンナさんは身寄りのない子猫の保護活動を行っており、今回迎え入れた子猫に「クロエ」と名付けて育てることにしました。

一体何故クロエの後ろ足が麻痺していたのかは不明ですが、ハンナさんは「 虐待されていたのではないか」と思っていました。

ひとまずハンナさんはクロエを動物病院へ連れて行ったところ、獣医師からは「また歩けるようになる可能性は低い」と宣告されてしまいます。

クロエは脊椎を損傷しているため、再び歩けるようになる可能性はゼロに近いと診断したのです。

しかしクロエとハンナは歩くことを諦めてはいませんでした。

クロエが起こした奇跡

それでもハンナさんはまた歩けるようになると信じ、諦めずにクロエをサポートをし続けました。

そしてついに、クロエは奇跡を起こしたのです。

様々な治療とリハビリを経て、クロエは少しずつ力をつけていったようで、徐々に後ろ足を引きずりながらも自分の力で移動ができるようになりました。

その後もクロエは小さな体で懸命に治療やリハビリに励み、獣医師も驚くほどの速早さで回復していきました。

クロエの前向きさと力強くさを見たスタッフも、かなり驚いたようでした。

そんなクロエは現在もレーザーや電気針療法などで治療を経て順調に回復を遂げているようで、最近はで後ろ足と尻尾を少しずつ動かせるようになっていました。

最初は獣医師から歩けるようになる可能性はゼロに近いと言われていただけに、これは本当に奇跡的な回復だと思います。

現在は立ち上がれるようにするために補助輪を装着してリハビリをしているようです。

クロエが自力で4本足で歩けるようになるにはまだまだ時間はかかるかもしれませんが、ハンナさんはこれからもクロエをサポートし続けると語っていました。

そんなクロエは現在もハンナさんやスタッフにサポートしてもらいながら順調に回復をしているようです!

クロエが元気に走り回れるようになることを願うばかりですね。



推薦文章