INÍCIO > 綜合 > シんだはずの彼女が生きていた。俺「俺のこと覚えてます…か?」彼女『え…あー!久しぶりぃ!すごい偶然!』俺「…うん」⇨俺はすべてを知っていて…。
シんだはずの彼女が生きていた。俺「俺のこと覚えてます…か?」彼女『え…あー!久しぶりぃ!すごい偶然!』俺「…うん」⇨俺はすべてを知っていて…。
By 张静文-
3600

シんだはずの彼女が生きていた。 俺「俺のこと覚えてます…か?」 彼女『え…あー!久しぶりぃ!すごい偶然!』 俺「…うん」⇨俺はすべてを知っていて…。 シんだはずの彼女が生きていた① 現在のスペック 俺32♂会社員 今から半年くらい前の事で、

落ち着いてきたから書きます

彼女との出会いは

今から二年程前だった。

友人と行きつけていた

ショットバーに新しく

バイトで入った当時25才の女性に、

俺は一目惚れした。

いつもなら奥手な俺だが、

その時は酔いも手伝って

猛烈アタック。

彼女は最初俺をうまく

かわしていたが、

とりあえず、某SNSの彼女の

ページを教えて貰えた。

それまで俺はSNSの類には

一切登録していなかったので、

その場で登録、

彼女に友達申請を送った。

「今日は酔ってるから

明日ちゃんとメッセージ書くね。

よろしくお願いします!」

酒の席だが、とにかく

誠実そうに振る舞った。

彼女

「あはは…よろしくお願いします。

また来て下さいね!」

その夜は酒に強い男を演出しようと、

呑めない酒を無理して飲みまくった。

シんだはずの彼女が生きていた②

店のトイレで2回ぐらい

吐いたのを覚えている。

どうやって帰ったのか分からないが、

翌朝は自宅の布団で目覚めた。

二日酔いが辛かったが、水を飲み、

早速彼女にメッセージを送った。

俺〔おはよう!昨日は楽しかった。〕

そのあとの文章が思い付かなかった。

もしかしたら昨日酔っ払って、

彼女に失態を晒してしまったかも

しれない、まずは相手の出方を

見よう。と思った

その夜、彼女から返事が来た。

彼女〔昨日はありがとうございました!

無事帰れましたか?〕

もう俺は嬉しくて生きるのさえつらかった。

俺〔無事帰宅してまだ生きてるよ!

病み上がりで酒呑んだんだけど

やっぱりダメだわw〕

その後、彼女からの返事は無かった…

それからも俺はちょくちょく

彼女のページを覗く。

彼女が飼ってる犬の事や、

鉢植えの事なんかも

事細かく更新されていた。

でも俺には返事が無い。

まぁ好きでもないやつなんて

そんなモンだろうけど、

俺は居てもたってもいられなくなり、

週末に友人を誘って

またショットバーへ飲みに行った。

そこでは彼女が、笑顔で立っていた。

彼女「いらっしゃい!

来てくれたんだ!何にします?」

どうやらメッセージを

返さなかったのは彼女にとって

普通で、とくに話題にする事でも

無かったようだ。

俺「ビール下さい。」

その日は少し暇だったので、

カウンター越しに彼女と話す事ができた。

彼女は小西真奈美に似ていたので、

以下ドンさんね。

俺「ドンさんて、彼氏とか居ないの?」

唐突だがその日も酔い任せで

言ってしまった。

シんだはずの彼女が生きていた③

ドン「居ませんよー。私、もともと

○○県から出て来てるんですけど、

コミュ障なんで友達もこっちには

あんまり居ないんです…w」

俺「じゃあ俺友達になる〜!w」

ドン「いいですねwなりましょう!」

それから俺は、彼女と飲みに

行ったりできるくらいの友達になった。

彼女と知り合って2〜3ヶ月、

俺は彼女に告白した。

返事は「まあ…いいよ。」だった

あの時は本当に幸せの絶頂期だったな。

彼女と付き合ってから

身の上話をよくするようになった。

彼女は九州から東京に来て半年くらいで。

お金を貯めながらお酒の勉強をして

将来はバーを経営したいとの事だった。

内容未完结,点击第2页继续浏览



MOST RECENT

假如有一天,我們不再聯絡了,你會不會難過?

當一個女人「不願意再跟你吵架」,表示真的心累了!

沒有誰離不開誰,只有誰不珍惜誰! #愛一個人的底線,就是永遠不要害怕離開他

世間最苦的事,就是思念到了極致,卻只能忍住不聯繫!

永遠別高估,自己在別人心中的位置! #人生在世,沒有誰真的那麼不可取代

有層次的女人「從不管男人」 對另一半「緊迫盯人」是最笨的女人!

得不到回應的熱情,只會慢慢變冷! #若一個女人忽然變安靜了,表示他正逼著自己慢慢放下你
...

人心,是互相的;真心,是相對的! #緣份再好經不起敷衍,漠視多了就會漸行漸遠

人生就是不斷地「醒來」 世上唯一不變就是什麼都在變!(深度好文)

MOST RECENT