INÍCIO > 綜合 > 【奄美大島】猫3,000頭捕獲・殺処分の中止を求める要望書を送付。どうぶつ基金
【奄美大島】猫3,000頭捕獲・殺処分の中止を求める要望書を送付。どうぶつ基金
By 曹云龙-
0

環境省はこれまでクロウサギの生息数2,000~4,800頭としてきましたが、朝日新聞の情報公開請求により2015年時点で推定生息数は15,221~39,780頭であったことを認めました。 奄美大島で猫の無料不妊手術専門病院を開設した公益財団法人どうぶつ基金、奄美の猫殺処分反対署名 呼びかけ人 NPO法人ゴールゼロ、福岡大学評議員・教授 山崎好裕氏らは、本日、連名で「奄美大島における生態系保全のためのノネコ管理計画」(2018~2027年度)の即時全面的な見直しと、猫の捕獲・殺処分の中止を求める要望書を環境大臣、財務大臣、鹿児島県知事、奄美5市町村長あてに送りました

以下要望書全文


「奄美大島における生態系保全のためのノネコ管理計画」(2018~2027年度)の見直しと猫3,000頭捕獲・殺処分の中止に関する要望書


環境大臣              原田 義昭 様
財務大臣            麻生 太郎 様
鹿児島県知事       三田園 訓 様

奄美5市町村長 各位

公益財団法人どうぶつ基金 理事長     佐上 邦久

NPO法人ゴールゼロ          代表       斉藤 朋子
学校法人福岡大学評議員・教授        山﨑 好裕


盛春の候、関係各位におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。


さて、表題にありますとおり、「奄美大島における生態系保全のためのノネコ管理計画」(2018~2027年度)の即時全面的な見直しと、猫の捕獲・殺処分の中止をご要望申し上げます。

理由は以下の三つです。


 第1に、上記管理計画には、「希少種に及ぼすノネコの捕殺影響は甚大なものとなる可能性が高い」、「早急にノネコを生態系から排除する対策を講じなければ、在来生態系に大きな影響を及ぼすものと考えられる」などの判断が散見されますが、これらは科学的調査に照らして妥当性を欠いていることが明らかになりました。

環境省はこれまで、アマミノクロウサギの奄美大島での推定生息数について、 2003年度時点で2,000~4,800頭としてきました。今回の管理計画策定には、この生息数が用いられており、 2015年時点で既に同省が把握していた推定生息数 15,221~39,780頭は全く配慮されていません。

一方で2003年から2015年の12年間、環境省の奄美大島における「ノネコ捕獲モデル事業」で捕獲した、いわゆるノネコの数が2012年7頭、2013年6頭に過ぎないという事実は、猫がアマミノクロウサギの生息にとって全く脅威になっていないことを明証しています。

 

 第2に、全国各地の市区町村において犬猫の殺処分ゼロが謳われている現在、奄美大島で行われようとしている事態はまさに時代趨勢に逆行するものであるということです。動物愛護管理法に言う愛護動物からいわゆるノネコのような無主動物を除外するような解釈を行う者もおりますが、これは全く法理を踏まえない妄論と断ぜざるをえません。


同法に規定された虐待関連犯罪は、他人の財産を犯す財産犯の概念とは無関係であり、全くの無主動物や野生動物でも成立することは法理解の常識であるからです。国民の動物愛護の良き気風を守るという同法の保護法益を明らかに侵害することにつながる措置を、今回の奄美でのことのように行政が推進することはあってはならないことです。

 第3に、管理計画に伴う約5億円の国民の税金投入は、全くもって世論の理解を得られないであろうということです。 本日発売の『週刊文春』によりますと、管理計画に伴う環境省予算として、2018年度は約3,000万円が、2019年度は4,577万円が計上されているとのことです。

内容未完结,点击第2页继续浏览



MOST RECENT