INÍCIO > 綜合 > 超人気声優・梶裕貴がコメディドラマに初挑戦 「絶対に観てほしいです」
超人気声優・梶裕貴がコメディドラマに初挑戦 「絶対に観てほしいです」
By 包文悦-
14

2017年10月からHuluで配信され、そのあと日本テレビ系の深夜放送でも好評を博したシチュエーション・コメディドラマ『漫画みたいにいかない。』。その第2弾となる『遊戯(ゲーム)みたいにいかない』が4月より放送中。



そして、映像配信サービス「dTV」では限定エピソード2話を独占配信。しらべぇ取材班は今回、本作にゲストとして出演する声優の梶裕貴に、ドラマの見どころや裏話を聞いた。

 

■台詞の量に圧倒された



梶は『進撃の巨人』や『七つの大罪』など数々の話題作に出演する、言わずと知れた超売れっ子声優だが、実写映画や舞台など俳優としても精力的に活動を行っている。しかし、今回の作品はほかのものとは少し勝手が違ったという。


梶:映像の作品への出演というのは、今までにも何度か経験させていただいたことがあるんですけど、今回はコメディーというジャンルで、舞台的要素もある作品。台本を見てみると、とにかく台詞量がすごくて。

リハーサルで初めて、スタッフさんや共演者の皆さんとお会いしたんですけど、「ゲストでここまで台詞量のある役って、今まであまりなかったと思うんですよね」というお話を聞いて…なんでそれが声優の僕だったんだろうなって(笑)

でも、たくさんの見せ場がある役をいただけたことはシンプルにありがたいなと思いました。台本をいただいてから2週間くらいですかね。声優の仕事を終えて家に帰って、台詞を覚えて、こういう動きをしたら面白いのかなと考える毎日を過ごしました。

撮影日を迎えて本番に臨んでいるときはものすごく楽しかったですし、終わってほっとしたのも鮮明に覚えていますね。

 

■流れが止まってしまう緊張感

元々、『漫画みたいにいかない』の一視聴者だったという梶。実際に自分が出演することになって、作品の捉え方に変化はあったのだろうか。

梶:この作品に実際に出演させていただいて、あらためて舞台に近いような印象を受けました。一つのシーンを長回しで撮ることが多くて、基本的はカットがかからずに、台詞の応酬の中で物語が展開していく。


なので、自分が一つでも失敗すれば流れが止まってしまうという緊張感がありました。一人一人のキャラクターに個性があって、クセの強い部分があるので、その会話の積み重ねをちゃんと感じていかないと面白いものにはならないんだろうな、と。

完成されたチームワークの中に経験があまりない僕が入って、それを乱すわけにはいかない、というハードルはすごく感じていましたね。

 

 



MOST RECENT

43歲趙薇現身機場「牛仔褲打扮似大學生」青春減齡 全副武裝「口罩難掩水靈大眼」魅力十足

48歲李英愛當媽復出!顏值超凍齡「連法令紋都美」 被讚「韓國版林青霞」網友:真正的防腐女神

太萌啦!咘咘、BO妞扮成公主「第一次去看電影」 賈靜雯霸氣「包下整個電影院」笑喊:荷包變超扁

59歲紅姑被目擊逛菜市場「毫無包袱」挑豬肉 「不在乎旁人眼光」享受獨居生活

滴妹戀愛了?網友抓包「抱腰獻吻知名Youtuber」 加碼曝「兩人曖昧互動影片」:哥哥也認證❤️

大女兒美翻!章子怡替14歲繼女慶生「溫馨合影」 汪峰發長文祝福:願你像媽媽「無畏又美麗」

何鴻燊98大壽「其他三房全到場」病床前載歌載舞 他開心慶祝累到睡著「唯獨原配子女」集體缺席

走紅毯狀況百出!迪麗熱巴全程手捂胸口,深V抹胸長裙險掉落,明道暖心「衝上前擋住鏡頭」獲讃:霸總本總

離婚後也不孤單!38歲宋慧喬「曬辣照慶生」大秀S曲線 「素顏靠男友人懷裡」嘟嘴賣萌心情佳

MOST RECENT