寺内樺風被告が女子中学生を監禁していた部屋を大公開!部屋の中の写真も!

杨德凯|2019-05-08

中学1年生の少女を誘拐し、2年近くにわたり監禁していたとみられる千葉のアパートがヤバすぎる!監禁部屋の詳細がこちら! 2014年3月に埼玉県朝霞市に住む中学1年生の少女が行方不明となっていた事件は、2016年3月に少女が2年ぶりに保護され、誘拐・監禁していたとして寺内樺風が逮捕されました。

寺内樺風が女子中学生を監禁していた部屋

出典: 

寺内樺風被告の裁判では、被告が奇声を発したり、職業や今いる場所を尋ねると「森の妖精です」「トイレです。私はおなかが空いています。今なら、1個からあげクン増量中」といったおかしな発言のため判決言い渡しが延期されています。

千葉大学に通っていた寺内樺風被告が少女を監禁していたのは、大学近くの3階建てアパート。ここに2年近く監禁していたと見られています。

出典: 

出典: 

部屋の中の間取りがこちら。

出典: 

少女の話では「いつも外から施錠されていた」そうで、寺内樺風被告は外から施錠する特殊な鍵を設置していたとのこと。

就職のため2016年2月に東京都・中野区に引っ越しています。その後、空き部屋となっていた部屋の内部写真がこちら。

出典: 

築年数は31年の3階建てアパートの3階の一室で、部屋は南向きの日当たりの良い部屋です。

出典: 

玄関のドアスコープには目隠しをしていたと見られる跡が・・・

出典: 

アパートの住人から話を聞いた記者によると・・・

「このアパートは壁も薄く、住んでいる人も『けっこう音は響く』と話していました。けれども、女性の声などはいっさい聞いたことがないとのことですから、寺内容疑者の厳しい監視下に置かれていたのでしょう」

引用元: 

かなり慎重で計画的だったのでしょうか・・・

恐ろしいですね・・・

ネットの反応

・あのへんは住宅も結構あるしよく監禁できたな
・物音で気づかれないようによくてきてたもんだ
・外から施錠する鍵は実家の鍵屋で売ってたんだよな
・裁判は絶対演技してるだろwからあげクン1個増量てw

寺内樺風被告が裁判でおかしな発言をするのは演技とも言われています
これだけ計画性のあることをするならそれくらいして当たり前!?



気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる

top