悩んでいるあなたに。恋愛を円滑に進める「7つの法則」

曹云龙|2019-05-07

恋愛が上手くいかないと悩んでいるあなたに、知っておいて欲しいことがあります。それはなんら難しいことではなく、考え方を少し変えればいいだけのことなのです。 拙著『来世でも読みたい恋愛論』から、恋愛を円滑に進めるために心得てほしい、7つの法則を贈ります。

01.愛する人に、自分を無償で差し出す

理想的な愛とは、自分のことを愛しながらも、愛する誰かのために、自分を無償で差し出せること。愛する自分を、愛する誰かにプレゼントすることで、相手が喜びや感動を味わうようになる。

逆に、自分でも愛せない自分を愛する人に差し出すというのは、愛する人のためにすべき行為とは言えないのです。

02.恋をするふりをする

恋愛は本気になると、自分の愛に集中することができず、相手の視線を意識しすぎるため、自然体のまま自分を表現することに臆病になります。要するに、好きな人には、好きではないよう振る舞うといいのですが、なかなか難しい。

相手の心を奪うだけなら、恋をするふりで接したほうが、スムーズに関係を作り上げることができるのです。実際、本気で恋している人よりも、恋をするふりをしている人のほうが、男女の関係性における主導権を握りやすいのです。

03.相手の瞳の奥をみつめる

言葉の力を過信するのは、避けたいもの。言葉に力があるのは確かですが、感情を表現するには不完全であると十分に認識することが大事です。

特に恋愛においては、言葉以上に視線がものを語ります。相手の瞳の奥の奥にあるものを透視するつもりで、相手を見つめるように心がけてみてください。

04.恋愛の目的は愛の完全なる獲得ではないと知る

恋愛には忍耐が大事です。思う通りにいかないからといって、イライラしてはなりません。そのためには、時間をかけて眺める心の余裕が欲しいもの。

恋愛の最善の状態は、相手の愛の完全なる獲得ではなく、それを目指して一歩ずつ進む「不完全で不安定な調和」の状態であると思います。

05.恋に落ちている自分は幸せだと自覚する

恋心を抱くと、心の中にときめきの感情を抱きつつも、ためらいや戸惑いといった均衡を保てない状態が続きます。自分の愛が受け入れられるかどうか、という不安がそうした感情を生み出すのです。

それ以前に、恋に落ちている自分は幸せであることに気づけるかどうかが大切です。

06.理性によって、感情を制御する

感情は自分にとって、味方にも敵にもなります。たとえば、自分が飼っている犬だと考えてみましょう。自分の感情という、飼い犬の抱く感情を尊重することは大事ですが、その感情の表出においては、理性による制御というしつけをしっかり行うことによって、感情の暴走を防ぐことが大事なのです。

07.男性は目的志向、女性は過程志向だと捉える

恋愛において、多くの男性は「目的達成のためなら過程は省略してもいい」と考える傾向にあります。その結果、言動が性急になりがちです。一方で、女性は目的地に辿り着くまでのステップ一つひとつに意味づけを行い、自分や相手の気持ちを言葉や約束を通じて確認したがる傾向があります。

女性は総じて言葉が好きで、約束が好きな生き物。過程を大事にする女性の傾向を、男性が理解できた場合、性急な言動は回避され、言葉によるケアや適度なペースマネジメントができるようになります。自分のペースを相手に無神経に押しつけるのではなく、歩調を合わせるくらいの余裕と思いやりが男性側には欲しいところです。

『来世でも読みたい恋愛論』
コンテンツ提供元:ジョン・キム



気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる

top