砂漠で起こる様々な自然現象…砂漠で100人以上が死亡した原因とは…

张静文|2019-04-03

砂漠で起こる様々な自然現象 地球の約3分の1は砂漠で現在も温暖化や土地の荒廃、 気候による乾燥など様々な理由から砂漠化が広がっていると言われています。 砂漠は、砂や岩石が多く、降水量が極端に少ないため、 乾燥などで土地が荒廃し植物がほとんど育たない過酷な地域で

水分が非常に少ないため、日中は焼けるような暑さに襲われ、
夜には震え上がるほどに冷え込むという、
昼と夜の温度差が極端に激しい場所なのです。

今回は砂漠で起こる様々な自然現象を紹介します。

1.砂嵐


砂嵐は強風によって塵や砂が空中に激しく吹き上げられ、
上空高くまで竜巻のように巻き上がる現象です。

砂漠で砂嵐が起きると空中の砂塵により呼吸をするのも辛くなり、
視界も容赦なく悪くなるのでとても危険です。

実際、サハラ砂漠では難民が砂嵐に巻き込まれ行方不明になることも多く、
ミイラ化した遺体が見つかることも珍しくないと言います。

また、これが都市部まで到達した場合は
視界不良による事故多発などにも繋がります。

さらに大規模な砂嵐の場合、
隣接する周辺の国まで影響を及ぼすこともあります。

これは日本にも影響があり、
たまに観測される黄砂がそれに当たります。

2.洪水

砂漠地帯では基本的にほとんど雨は降らないのですが
数年に一度の頻度で大雨が降ることがあります。

ここで起こるのが恐ろしい鉄砲水です。

本来、砂漠の砂や土は極めて乾燥しきっており、
固まった状態になっています。

その状態に一気に雨が降っても
水が地表に吸収されるには非常に時間がかかり、
そう簡単に水を通さない状態になっています。

その給されない水が激しい鉄砲水となり、
地表の「ワジ」という干上がった川を伝って砂漠地帯を容赦なく襲います。

これが非常に危険で一気に大洪水へと変化した流れは
逃げる隙もないほどのあっという間のスピードで周囲を飲み込み、
恐ろしい大災害へと繋がります。

そのため、砂漠で一番多い死因というのは

意外にも溺死だというのです。

2009年にはサウジアラビアで106人が洪水によって死亡したという事例もあります。

サウジアラビアと言えばサウジアラビアの砂漠地帯で
古代に造られたとみられる石の構造物400個近くが存在することが、
オーストラリア人研究者によって最近確認されました。

内容未完结,点击第2页继续浏览



気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる

top