【大炎上】許せない!過去バイトテロにあった蕎麦屋の末路が悲惨すぎる… 6年前、"バイトテロ"で閉店に追い込まれた蕎麦屋が訴訟を起こしていましたが、その裁判結果があまりに酷いとSNSが炎上中です。反省の色も見せないバカッター共に許せないの声が多く上がっています。 個人経営の蕎麦屋を潰した『バカッター行為』
熱門文章

【大炎上】許せない!過去バイトテロにあった蕎麦屋の末路が悲惨すぎる…

张静文 2019-05-05 報告する

6年前、"バイトテロ"で閉店に追い込まれた蕎麦屋が訴訟を起こしていましたが、その裁判結果があまりに酷いとSNSが炎上中です。反省の色も見せないバカッター共に許せないの声が多く上がっています。 個人経営の蕎麦屋を潰した『バカッター行為』

未だに世間を騒がせている不適切動画によるバイトテロは、一歩間違えればお店や他人の人生を終了にしてしまいかねない危険性を秘めています。

↓のツイッターでコメントされた蕎麦屋の一件は2013年の出来事です。 

未だにバイトテロやる奴ら
その後の事を考えて欲しい

ここ倒産したんだよ

ある個人蕎麦屋でバイトしていた4人の大学生が閉店後、お店の機材を利用して悪ふざけ動画を投稿したことが大炎上、テレビで取り上げられるほど大ごととなり、結局店は閉店してしまったのです。

店主はすぐにバイトの主犯格の学生を呼び、問い質しました。しかし、当人の反応は開き直ってわびの言葉も出ず、ただ黙って下を向いてスマホをいじっているばかりだったとか...(# ゚Д゚)

「私はまず主犯格の男の子を呼びました。なんでこんなことをしたのか聞いても、 下を向いてスマホをいじっていました。もう何を言っても駄目だなと思いましたね」


 反省の色がまるでない様子に、純子さんはあきれたという。

 投稿の約3か月後、店は閉店に追い込まれ破産。当時の負債は3300万円。ツイッター投稿が破産の引き金になったことは明らかだった。

引用元: 

 

出典: 

閉店に追い込まれたお店の張り紙です。一部の従業員を多摩大学と大学名を特定している所に店主の怒りの深さが察せられます。本当は顔と名前を晒したいくらいでしょうけどね。

出典: 

裁判結果に唖然...『これは酷い』

店主は4人のバイト学生に損害賠償として1385万円請求の訴訟を起こしました。内訳と理由は以下の通りです。

この金額の内訳を担当の弁護士に聞くと、1000万円は精神的損害、385万円は未払い家賃や従業員の給料だという事。

精神的損害が1000万円というのは高すぎると思われるかもしれないが、女性店主は夫が亡くなってから冷蔵庫を買ったり借金返済したり1000万近く設備投資をして経営を立て直そうと頑張って切り盛りしてきた。それをバイトテロによって台無しにされ、悔しさは計り知れない。

引用元: 

 

結局和解せざるを得なかったお店側

しかし相手の4人及び親は賠償には応じず、裁判は長引きました。結局、裁判所側が『もう和解してはどうか?』という声に店主は折れることにしました。しかし、賠償額は約200万円と要求の10/1という結果に終わってしまったのです。

■和解金の内訳

A:129万円:食洗機に入ったり(写真人物)、店舗の皿で乳首を覆った写真をネットに掲載
B:30万円:流し台に足を掛けたAを撮影しツイッターに掲載した等
C:21万円:Aが店舗控室で皿で乳房を覆った写真をツイッターに掲載した等
D:20万円:食洗機に入っているAと一緒になって楽しんでいた等

引用元: 

※バイト学生(当時):A(主犯格 写真に写っている人物)その他3人をB.C.Dとする。

↓は店主のお話です。

「裁判所がそろそろ和解したらどうかということで、金銭的には要求した10分の1ほどでした。最後まで謝罪は聞けませんでしたね」

内容未完结,点击第2页继续浏览



推薦文章